子供服の情報です。

子供はなかなか落ち着かないもの。そんな子供の髪のカットをしてくれる美容室です。

ピアノ、水泳、英語、タレント事務所・・・、お子さんのレベルアップに。

お母さんが安心してお子さん預けられる施設の情報です。

子供の健康は何より大事。

お子さんの成長の記録を!

上記にないジャンルもOKです。登録が多いものは新設します。

 

お子さんを持つお父さん・お母さんなら誰しも「うちの子、将来有名になって欲しい」「すごいスポーツ選手として活躍できないかな?」なんて思ったりするでしょう(中には「安定した収入で、普通に苦労なく生活してほしい」なんてお母さんもいらっしゃるかもしれませんが・・・(笑))。
そこで「Kids Kids」では有名タレントや活躍中のスポーツ選手などの経歴を参考に、どのようなきっかけでお子さんを有名にできるのかを調べてみました!

この場合、とくに子役の俳優となると劇団・タレント事務所に所属するというのがやはり近道のようです。例えば現在でも活躍中の子役出身俳優の吉岡秀隆さん、双子タレントの三倉茉奈・佳奈さんともに5歳頃に劇団に入っています。とはいえ、入りたければ誰でも劇団に入れるわけでもなく、「オーディション」→「劇団・タレントスクール」→「成功すればデビュー」ということになります。「オーディション」「タレントスクール」、う〜ん、お金がかかりそうですね。でも間下このみさんのように「2歳の時に近所の友人の誘いでモデルクラブに入った」なんて気軽に始めて、4歳の時のTV-CM出演(これも台詞がうまく言えなかったのが、返って好感を得た)で一気に子役スターなんてケースもあります。
現在では子どものファッションもどんどんオシャレになってきて、子供向けの雑誌もずいぶん変わりました。それにともなって「JJ」「Can Cam」などで注目されたような『読者モデル』というのも盛んなようです。「ウチの子、絶対カワイイ」と自信のあるお母さんは、そういった雑誌からたくさん応募してみるなんていうのも良いかも。『キャストネット・キッズ』というインターネット上のオーディションシステムもあるようなので、そちらも覗いてみてはいかがですか?
また『デビューへの階段』さんのホームページでは、たくさんの芸能プロダクションや関連書籍なども紹介されてますので、ぜひ訪問してみてください。

個人差があるので「いつ始めるのがベスト!」というのはありません。キャッチボールから始めて、「野球って楽しい!」って思えるようになったら小学校2〜3年生くらいからというのが一般的のようです。ちなみに現在ヤンキースの松井秀喜選手は小学校4年生になってから、イチロー選手は3歳の頃からボールに馴染んでいたとのことです。
少年野球のリーグにも軟式・硬式両方あります。どちらかでなくてはダメということはありませんが、硬式のリトルリーグ出身というプロ野球選手は多いです。実際のところ野球に限らずお父さん・お母さんの協力は不可欠です。やはりプロ野球選手にしたいという思いであれば、かなりの強豪チームに入れた方が良いでしょうし、そうなると時間も費用の負担を覚悟しなければなりません。でもお子さんに才能を感じ、お子さんもその道に進みたいとなったら思い切っても良いのでは。

 

女子の宮里藍選手、横峯さくら選手、男子であれば伊藤涼太選手などアマチュア時代からの活躍で俄然盛り上がっているゴルフ業界。特に宮里選手、横峯選手は小さい頃からゴルフに接しているエピソードや映像が溢れてるので、特にゴルフ好きのお父さんは小さい頃から始めさせたいと思うでしょうね。そしてそのようなケースの際たる選手が「タイガー・ウッズ」選手です。彼は3歳の頃からクラブを握ってコースに出てました。やはりある程度小さい頃から始められると優位かもしれません。しかし、世界のトップクラスのプレーヤーみんなが幼少から始めてたわけではありません。最初のうちは、一緒に練習して、機会があれば一緒にコースに出て、まずはゴルフを大好きになるようにするのが良いでしょう。
才能を感じるのならば、少なくとも高校・大学はゴルフのレベルの高い学校に進ませるのが良いでしょう。しかし、野球同様に時間・費用の負担は覚悟しないといけませんね。

現在「Kids Kids」では、さらなるコンテンツの充実のため、皆様からの情報を大募集中です。「こういう情報が知りたい」というものから「こんな情報があるから載せてみては」といった要望・アドバイス、ぜひぜひお待ちしてます。ユーザーの皆様、情報提供の店舗様とともに、みんなでサイトを作り上げる。これが『Kids Kids』のコンセプトです!